La' room TOPへ

名古屋栄丸の内ロミロミマッサージラルームブログはこちら

ご予約はこちら052(618)8993

タロット、カラーセラピー、レイキヒーリングを中心とした電話鑑定・Skype鑑定

レオレックスフェイシャル

よくある質問~レオレックスフェイシャル編~

Q.使用前にサチェットを揉むのは何の為ですか?

A:揉むことによりシリカ微粒子が磁石のようにくっつき合いはじめ、作用がはじまるからです。すばやくお顔全体に広げて下さいね。

Q.サチェットを揉む前に開封してしまったら、もう使えなくなるのですか?

A:揉む前に開封してしまった場合でも出してからしっかり混ぜ合わせれば同じ作用が起こります。もちろん、揉んだ方がより効果的に作用しますので、「揉んでから開ける」をお忘れなく。

Q.一旦もみほぐしたシートはいつまでに使えば良いですか?

A:20分~30分以内にお使い下さい。
1回もみほぐしたものは、放っておくと凝固して使えなくなりますので、ご注意を!

Q.パック前にお肌を濡らすのはなぜですか?

A:パックの前に肌を濡らすことによって、クリームののびを良くする事と、乾燥した肌に直接添付する事による刺激を緩和させる目的があります。

Q.気になる部分に厚塗りしたほうが効果がありますか?

A:厚塗りした部分とそうでない部分とで、結果が変わってくる事はありませんので、お顔全体に均一に塗布して下さいね。

Q.塗布後、赤くなったのですが、なぜでしょうか?

A:お肌に吸着しているシリカがお肌を引き締めながら持ち上がるため、血行が良くなります。一時的に赤くなり、肌のほてり、暖かさを感じるのはそのためです。

Q.塗布後、お肌がピリピリする事があるのですが大丈夫ですか?

A:LEOREX塗布後、少しピリピリする感じがされる方がいらっしゃいます。
かゆみがなければ、通常通り10分~15分放置して洗い流して下さい。使い続けていくうちに、ピリピリ感はなくなりますよ。

Q.レオレックス塗布後、時間が経って乾いた時に不意に表情を動かしたら、ポロポロを粉が落ちてしまいました…。この粉は、肺に入っても問題はないのでしょうか?

A:問題ありませんよ。レオレックスで使用しているシリカは「非結晶シリカ」というもので、安全な成分ですのでご安心下さい。

Q.洗い流した後、肌のツッパリ感があるのですが。

A:レオレックスの主成分であるシリカが、角化した細胞や毛穴に詰まった皮脂や老廃物を引き出す作用(ディープクレンジング)があるためです。
また、肌に吸着しているシリカ(シリカスキンマトリックス)が収縮し合って、肌を引き締めているためです。
シリカの吸収力により、水分・栄養分を肌に蓄え、時間と共に必要な場所に浸透させ、肌を潤す働きがありますので、洗い流した後はしっかりと保湿して下さいね。
繰り返し使用することで、自然に肌が潤ってくるのを感じるはずです。

Q.使用後、ニキビが増えたのですが。

A:シリカの作用により、皮脂内部の毒素や毛穴に詰まった角栓を引き出すためです。
これは肌がきれいになる過程ですので、ご安心下さい。

Q.小鼻の周りや頬の辺りの皮がめくれるのはなぜですか?

A:すでにダメージを受けてしまっている細胞がはがれ落ちているためです。
使用後の保湿をしっかりとして下さいね。

Q.妊娠中に使用しても大丈夫ですか?

A:特に問題はありませんが、妊娠中は肌が普段よりも敏感になっていますので、ご使用は避けたほうがよいでしょうね。

Q.洗い流す時は、クレンジング剤や洗顔フォームを使わなくても大丈夫ですか?

A:何も使わずに、ぬるま湯でしっかり洗い流して下さい。
肌に残っている感覚は、肌に見えないシリカスキンマトリックスが形成されているからです。 これがレオレックスの特徴になります。

Q.LEOREXナイトを塗布後、少しかゆくなるのですが…。

A:LEOREXナイトの成分中に、ウミクロウメモドキ種子油(シーバクソンオイルが配合されているため、その日のお肌の状態により、まれにかゆくなる方がいらっしゃいます。
何回か使い続けている間に、かゆみは軽減されていきますが、お肌の異常を感じた時はご使用を控えた方がよいでしょうね。

Q.LEOREXナイトは毎日使うものですか?

A:LEOREXナイトは肌細胞ダメージの再生が目的なので、普段のお手入れは、ブースターもしくは、ブースタープラスで週に1~3回ナイトをされると良いでしょう。

Q.LEOREXナイトはなぜ夜しか使えないのですか?

A:優れた抗酸化成分であるシーバクソンオイルを効果的に吸収させるためには、寝ている間(シリカスキンマトリックスが形成されたまま、お顔の筋肉を動かしていない間)が最適だからです。 その最適な環境で、肌細胞のダメージを再生する働きをします。

↑このページのトップへ戻る